HOME>注目記事>大動脈瘤と言った大きな病気ではないけれど

上に上がる力が弱くなった時

足

心臓から送り出される血液を運ぶ血管が大動脈で、足先まで届いた血液を戻す役目を担う血管が静脈です。これらの血管に大きな異常をきたすことで、大きな病気が待ち受けています。特に大動脈瘤と言った血管が膨れ上がった時には、乖離や破裂と言ったことが起きかねず、死亡に至る場合も出て来ます。ですが静脈に瘤が起きてしまった時には、死亡まで繋がる病気にはなりませんが、静脈が太くなってしまうことで、ふくらはぎなどにコブが目立つことが多くなります。このコブが出来た時には、下肢静脈瘤にかかっていると判断出来ることになります。立ち仕事の女性に多く発症し見た目にも悪く、だるさを感じたり、むくみや痛みを感じたりするようになってしまいます。

静脈瘤にも種類がある

待合室

血液を体の下から上へ押し上げるために必要な収縮を助けるためにあるのが静脈弁ですが、この弁の機能が正常に働かなくなったお時に起こる病気です。静脈弁は血液が下の方へ逆流させない働きをさせるものですが、筋肉が作用するポンプ機能が悪くなった時などに起きて来ることになります。その下肢静脈瘤にもいくつかの種類があます。伏在静脈瘤と呼ばれる本管や主要文枝の拡張によるものや、側枝静脈瘤と言われる伏在静脈の抹消枝が拡張したもの、クモの巣状と言われる皮内静脈の拡張などが考えられます。

治療が必要な場合も

診察室

下肢静脈瘤になったとしても命に係わる病気ではないため、大動脈瘤のような心配はいりません。ですが見た目にも悪く、だるさや痛みをひどく感じる時には治療が必要になります。うっ滞している血液に血栓が出来るなどして、感染や炎症を起こすなどになっては、早めの治療が勧められます。またかゆみとか峰窩織炎などを起こしてしまうと、治療が必要になってしまうことになります。そんな治療では、レーザーや高周波を利用してのカテーテル治療が多くなりました。

広告募集中