HOME>ホットトピックス>ガンになってしまった時に考えたい治療方法

ガンになってしまった時に頼りになる治療法

医者

ガンは年齢を重ねていくと多くの方が発症する可能性がある病気ですが、一昔前はガンになれば生存する事も難しい時がありました。しかし医学の進歩でガンに対する治療法は確立されてきており、安心して治療する事ができます。免疫療法はガンの治療をする時に使われる治療法ですが、患者さん本人の免疫の力を回復させる事で、ガンを治療していきます。免疫本来の力を使用してガンを治療していくので、抗ガン剤等を使用する化学療法よりも副作用が少なく済みやすい傾向にあり、身体への負担を減らす事ができます。

元々免疫はガンと戦っています

免疫は人間にとって大切な存在であり、インフルエンザウイルスと戦ったり、ガン細胞とも戦っており、免疫が活躍する事で病気の発症を防いでくれています。しかし加齢等で免疫力が劣ってくると今まで対応できていたガン細胞との戦いに上手く免疫が機能されずに、ガン細胞が増殖してしまうリスクがあり、結果的にガンという病気になってしまいます。その為免疫力を高める免疫療法を取り入れる事で、ガンと有利に戦う事ができます。免疫力を高くする事ができれば、再発のリスク自体も減少できるので、長期スパンで考えても免疫療法は魅力的な治療法です。

広告募集中